最高品質の雨漏り調査を、安心の低価格でご提供。

長年諦めていた雨漏りも必ず解決してみせます。

まずは、無料でご相談ください
LinkIcon 通話料無料 0120-849-084



最高品質の雨漏り調査を
安心の低価格でご提供。

長年諦めていた雨漏りも
必ず解決してみせます。


まずは、無料でご相談ください
LinkIcon 通話料無料 
0120-849-084
TOP | 雨漏りについて | 雨漏りで保険適用

雨漏りで保険適用

Application of insurance due to leakage

 

火災保険と住宅瑕疵担保責任保険

台風などでの雨漏り

火災保険で雨漏り適用

台風で雨漏りが発生した場合は、ご加入の火災保険が適用できる可能性があります。ただ、火災保険が雨漏りに適用できるわけではなく、火災保険の特約に風災や水災などを付けているというのが条件となります。たとえば台風などの雨漏りで補償が適用されるケースは、強風などで自宅の屋根が破損した場合など、免責金額などがある場合は全額ではありませんが補償対象となります。もちろん台風時の雨漏りでも、老朽化によるものや施工不良などの場合は補償対象外となりますので、そういう意味では雨漏りの補償というよりは、あくまでも台風による破損に対する補償となります。台風などの自然災害が原因で雨漏りなどが発生している場合は、まず加入されている保険の窓口へご相談ください。

 

 
新築住宅での雨漏り
2009年10月から施行された法律で、住宅のお引き渡しから 10年間の瑕疵保証責任が義務付けられています。

瑕疵(かし)とは
瑕疵とは、「欠陥」を意味します。この法律で言う瑕疵は、構造耐力上主要な部分と雨水の浸入を防止する部分の欠陥を指しています。
住宅の瑕疵担保責任保険


住宅事業者に義務づけられること
品確法(住宅の品質確保の促進等に関する法律)の施工により、事業者は瑕疵に対する 10年間の住宅瑕疵担保責任を負っています。責任履行のために、資力確保として「保険」もしくは「供託」のいずれかの措置をとることが、義務化されました。併せて、新築住宅の建設や販売時には資力確保の措置について、消費者へ説明する義務もあります。※消費者とは、住宅取得者のことです。

住宅事業者が倒産した場合は
もし事業者が倒産した後に瑕疵が見つかった場合、お客様に少ない負担で瑕疵の修補が行えるよう、事業者に対して「保険への加入」、または「保証金の供託」にて、資力を確保するよう法律で義務付けられています。これにより、肝心の事業者が倒産してしまっていても、お引き渡しから 10年以内に瑕疵が見つかった時に、保険金や保証金で修理費用をカバーしてくれます。

消費者を雨漏りから守る仕組み
この住宅瑕疵担保履行法は先の火災保険などとは違い、老朽化などが原因でも10年以内の雨漏りは、住宅事業者が無償で責任をもって補修・修繕しなければなりません。また、住宅事業者が倒産してしまった場合でも、発注者・買主は保険法人に対し、瑕疵の修補などにかかる費用(保険金)を直接請求することができます。
一般社団法人 住宅瑕疵担保責任保険協会(参照)

台風などでの雨漏り

火災保険で雨漏り適用

台風で雨漏りが発生した場合は、ご加入の火災保険が適用できる可能性があります。ただ、火災保険が雨漏りに適用できるわけではなく、火災保険の特約に風災や水災などを付けているというのが条件となります。たとえば台風などの雨漏りで補償が適用されるケースは、強風などで自宅の屋根が破損した場合など、免責金額などがある場合は全額ではありませんが補償対象となります。もちろん台風時の雨漏りでも、老朽化によるものや施工不良などの場合は補償対象外となりますので、そういう意味では雨漏りの補償というよりは、あくまでも台風による破損に対する補償となります。台風などの自然災害が原因で雨漏りなどが発生している場合は、まず加入されている保険の窓口へご相談ください。

 

 
新築住宅での雨漏り
2009年10月から施行された法律で、住宅のお引き渡しから10年間の瑕疵保証責任が義務付けられています。

瑕疵(かし)とは
瑕疵とは、「欠陥」を意味します。この法律で言う瑕疵は、構造耐力上主要な部分と雨水の浸入を防止する部分の欠陥を指しています。
住宅の瑕疵担保責任保険


住宅事業者に義務づけられること
品確法(住宅の品質確保の促進等に関する法律)の施工により、事業者は瑕疵に対する10年間の住宅瑕疵担保責任を負っています。責任履行のために、資力確保として「保険」もしくは「供託」のいずれかの措置をとることが、義務化されました。併せて、新築住宅の建設や販売時には資力確保の措置について、消費者へ説明する義務もあります。※消費者とは、住宅取得者のことです。

住宅事業者が倒産した場合は
もし事業者が倒産した後に瑕疵が見つかった場合、お客様に少ない負担で瑕疵の修補が行えるよう、事業者に対して「保険への加入」、または「保証金の供託」にて、資力を確保するよう法律で義務付けられています。これにより、肝心の事業者が倒産してしまっていても、お引き渡しから10年以内に瑕疵が見つかった時に、保険金や保証金で修理費用をカバーしてくれます。

消費者を雨漏りから守る仕組み
この住宅瑕疵担保履行法は先の火災保険などとは違い、老朽化などが原因でも10年以内の雨漏りは、住宅事業者が無償で責任をもって補修・修繕しなければなりません。また、住宅事業者が倒産してしまった場合でも、発注者・買主は保険法人に対し、瑕疵の修補などにかかる費用(保険金)を直接請求することができます。
一般社団法人 住宅瑕疵担保責任保険協会(参照)

RECOMMEND

雨漏りに関する注目の情報