最高品質の雨漏り調査を、安心の低価格でご提供。

長年諦めていた雨漏りも必ず解決してみせます。

まずは、無料でご相談ください
LinkIcon 通話料無料 0120-849-084



最高品質の雨漏り調査を
安心の低価格でご提供。

長年諦めていた雨漏りも
必ず解決してみせます。


まずは、無料でご相談ください
LinkIcon 通話料無料 
0120-849-084
TOP | 雨漏りについて | 雨漏りの対応方法

雨漏りの対応方法

How to respond to rain

 

雨漏りが発生したときの対応方法

絶対に雨漏りをしない住宅にするには?
答えは、残念ながら完全に雨漏りをしない住宅を建てることは不可能と言わざるをえません。もちろん、結果として生涯雨漏りとは無縁だったという方は、たくさんいらっしゃいますが、絶対に雨漏りをしない住宅というのはそれほど難しいということです。ただ、定期的なメンテナンスをすることにより、リスクを最小限に抑えることは可能かと思います。また、雨漏りが発生してしまった場合にも、正確に原因箇所を追究・特定し、補修することで大きな被害を防ぐことが可能となります。そこで、雨漏りが発生した場合でも、いち早く対応できるように雨漏りの対応方法をお教えします。

 

 

雨漏りのチェックポイント
まずは雨漏りかも?という場合の代表的なチェックポイントです。
1.天井が濡れている
2.壁や柱が濡れている
3.窓が濡れている
4.床が濡れている
5.天井にシミがある、または、カビが生えている
6.壁や柱にシミがある、または、カビが生えている
7.床にシミがある、または、カビが生えている
8.壁紙が不自然に剥がれている
9.白蟻(シロアリ)や羽蟻(ハアリ)を最近よく見かける
これらの症状に一つでも該当するものがあれば、雨漏りの可能性は非常に高いと言えます。まずは、その症状を写真撮影し、日付やどういう症状なのかを忘れない間に出来るだけ細かくメモなどに書いておいてください。そして、ご自宅を施工された会社やわたくしども雨漏り専門の調査会社にご相談ください。

 
雨漏りのチェックポイント
 

 

雨漏りとは、常に雨漏りするわけではありません
雨漏りが発生している住宅は、雨が降るたびに雨漏りするというイメージを持たれている方も多いのですが、実は1年に1~2回程度は雨漏りするが、それ以外の雨では雨漏りしないという場合もあります。それは雨が降る方向や風向きなどが、毎回異なるからです。ふだん雨が降ってもあまり濡れない部位でも、雨の方向や風向きによって、その部位も濡れることがあります。もしその部位が、雨漏り原因箇所であれば普段の雨では雨漏りしなかったのに、ある日突然雨漏りが発生するケースに陥ります。雨漏りが発生しても、次の雨の日に雨漏りしなければ、もう少し様子をみようと思われるかたも多いのですが、人の病気も早期発見・早期対処が重要なように、住宅も同様に雨漏りを長期間放置するのは、住宅の耐久性を弱らせ寿命を早くしてしまいます。雨漏りの疑いがある場合は、出来るだけ早い段階で、ご自宅を施工された会社やわたくしども雨漏り専用の調査会社にご相談ください。

 

 

雨漏りと補修の繰り返し、いつまで経ってもとまらない
もし雨漏りが発生してしまった場合は、その原因箇所を正確に特定し、的確な補修をすることが最善策となります。ただ、残念ながらわたくしどもにお声をいただく際には、雨漏りと補修の繰り返しで最終手段という状態も多くあります。もちろん、それを解決し感謝いただくのは仕事冥利につきるのですが、できれば初動の段階でわたくしどもにご依頼いただいた方が、トータル費用や雨漏りと補修を繰り返すことで起こりうる住宅へのダメージも最小限に抑えることができます。そして、雨漏りによる精神的な苦痛も早急に解決することで、最小限に抑えることができるかと思います。

 
雨漏りと補修の繰り返し、いつまで経っても止まらない。
 

絶対に雨漏りをしない住宅にするには?
答えは、残念ながら完全に雨漏りをしない住宅を建てることは不可能と言わざるをえません。もちろん、結果として生涯雨漏りとは無縁だったという方は、たくさんいらっしゃいますが、絶対に雨漏りをしない住宅というのはそれほど難しいということです。ただ、定期的なメンテナンスをすることにより、リスクを最小限に抑えることは可能かと思います。また、雨漏りが発生してしまった場合にも、正確に原因箇所を追究・特定し、補修することで大きな被害を防ぐことが可能となります。そこで、雨漏りが発生した場合でも、いち早く対応できるように雨漏りの対応方法をお教えします。

 

 

雨漏りのチェックポイント
まずは雨漏りかも?という場合の代表的なチェックポイントです。
1.天井が濡れている
2.壁や柱が濡れている
3.窓が濡れている
4.床が濡れている
5.天井にシミがある、または、カビが生えている
6.壁や柱にシミがある、または、カビが生えている
7.床にシミがある、または、カビが生えている
8.壁紙が不自然に剥がれている
9.白蟻(シロアリ)や羽蟻(ハアリ)を最近よく見かける
これらの症状に一つでも該当するものがあれば、雨漏りの可能性は非常に高いと言えます。まずは、その症状を写真撮影し、日付やどういう症状なのかを忘れない間に出来るだけ細かくメモなどに書いておいてください。そして、ご自宅を施工された会社やわたくしども雨漏り専門の調査会社にご相談ください。

 
雨漏りのチェックポイント
 

 

雨漏りとは、常に雨漏りするわけではありません
雨漏りが発生している住宅は、雨が降るたびに雨漏りするというイメージを持たれている方も多いのですが、実は1年に1~2回程度は雨漏りするが、それ以外の雨では雨漏りしないという場合もあります。それは雨が降る方向や風向きなどが、毎回異なるからです。ふだん雨が降ってもあまり濡れない部位でも、雨の方向や風向きによって、その部位も濡れることがあります。もしその部位が、雨漏り原因箇所であれば普段の雨では雨漏りしなかったのに、ある日突然雨漏りが発生するケースに陥ります。雨漏りが発生しても、次の雨の日に雨漏りしなければ、もう少し様子をみようと思われるかたも多いのですが、人の病気も早期発見・早期対処が重要なように、住宅も同様に雨漏りを長期間放置するのは、住宅の耐久性を弱らせ寿命を早くしてしまいます。雨漏りの疑いがある場合は、出来るだけ早い段階で、ご自宅を施工された会社やわたくしども雨漏り専用の調査会社にご相談ください。

 

 

雨漏りと補修の繰り返し、いつまで経ってもとまらない
もし雨漏りが発生してしまった場合は、その原因箇所を正確に特定し、的確な補修をすることが最善策となります。ただ、残念ながらわたくしどもにお声をいただく際には、雨漏りと補修の繰り返しで最終手段という状態も多くあります。もちろん、それを解決し感謝いただくのは仕事冥利につきるのですが、できれば初動の段階でわたくしどもにご依頼いただいた方が、トータル費用や雨漏りと補修を繰り返すことで起こりうる住宅へのダメージも最小限に抑えることができます。そして、雨漏りによる精神的な苦痛も早急に解決することで、最小限に抑えることができるかと思います。

 
雨漏りと補修の繰り返し、いつまで経っても止まらない。
 

RECOMMEND

雨漏りに関する注目の情報