最高品質の雨漏り調査を、安心の低価格でご提供。

長年諦めていた雨漏りも必ず解決してみせます。

まずは、無料でご相談ください
LinkIcon 通話料無料 0120-849-084



最高品質の雨漏り調査を
安心の低価格でご提供。

長年諦めていた雨漏りも
必ず解決してみせます。


まずは、無料でご相談ください
LinkIcon 通話料無料 
0120-849-084
TOP | 雨漏りについて | 雨漏りの原因

雨漏りの原因

Cause of leakage

 

雨漏りの予備知識

住まいとは、わたくしどもが生活するのに欠かせないものです。また人生で、一番高い買い物、一番高い借金とも考えられます。そのために、耐久性、断熱性、防音性、耐震性など、日進月歩で高性能・高機能の住宅へと進化しています。ただ、これだけ性能が進化しても「雨漏りが発生した」という声は後を絶えません。
そして、雨漏りには大きくわけて3つの原因があります。
1.新築時の設計不良および施工不良
2.経年劣化によるメンテナンス不足
3.台風、ゲリラ豪雨、局地的豪雨、地震などの自然災害
では、これらの雨漏り原因を順番にひも解いていきましょう。

 
雨漏りの原因
 

新築時の設計不良および施工不良
まずは設計不良です。
デザインや機能優先で、雨漏りなどに対する考慮が不十分な構造で設計された建物は雨漏りのリスクが高いと言えます。もちろん、設計が建築基準法に適合しているかを国土交通省管理課の公共機関に承認を得た設計でないと住宅を建てることはできません。ただ、承認内容に防火性能や耐震性能などの基準は使用する材料の指定まであるのですが、防水性能については曖昧な基準しかありません。そのために使用する材料は防水を施工する会社におまかせという設計になり、雨漏りのリスクを引き上げています。
次に施工不良(施工不備)です。
さきほどの設計不良の話しの続きになるのですが、防水性能の基準が明確ではないことから、施工する会社が材料選択をするケースも多くあります。その際に選んだ材料がその設計された住宅にあっていない場合に雨漏りのリスクを引き上げています。また、その材料選びを客観的に管理する基準がないこともリスクの要因となっています。そして、いくら設計や材料が問題ない場合でも、施工の手順や収まり(施工方法)が悪いと雨漏りのリスクが高くなります。また、単純な取り付けミス(施工ミス)により雨漏りが発生します。このような場合は同様の作業が行られた箇所にもリスクがありますので、1軒のお住まいで、雨漏りが多発するリスクもあります。

 

経年劣化によるメンテナンス不足
住宅の材料(建材)にも寿命があり、築年数とともに少しずつ劣化していきます。建物には雨漏りを防ぐために、防水材という材料を要所に使用していますが、これらの耐用年数は10~20年程度(防水材料により異なります。)と言われています。定期的なメンテナンスがおこなわれていないと、雨漏りのリスクを引き上げてしまいます。特に壁やベランダなどにクラック(ひび割れ)が多くなってきた場合は注意が必要です。

 

台風、ゲリラ豪雨、局地的豪雨、地震などの自然災害
自然災害で発生した雨漏りの場合は、今までお話ししたすべての要因で起こりうるものとなります。経年劣化により弱っていた建物が、自然災害によって雨漏りが発生する。施工に不備があった状態で、自然災害に耐えられず雨漏り。新築時(設計時)に想定していたものを超える、台風、ゲリラ豪雨、局地的豪雨、地震などの自然災害で、耐えられずに雨漏り。当然、自然災害自体を防ぐことは不可能なのですが、自然災害によって誘発された雨漏りも、人為的な原因も含まれる場合があります。

 

これらが雨漏りの三大原因となります。
特に経年劣化(老朽化)の場合は、早めのメンテナンスで雨漏りの発生を未然に防ぐことができますので、是非ご自宅の状況をご確認ください。ただ、これを読んでいただいている時には手遅れで、すでに雨漏りが発生してしまっている場合は、早急に原因を追及して補修する必要がありますので、是非わたくしどもにご相談ください。

住まいとは、わたくしどもが生活するのに欠かせないものです。また人生で、一番高い買い物、一番高い借金とも考えられます。そのために、耐久性、断熱性、防音性、耐震性など、日進月歩で高性能・高機能の住宅へと進化しています。ただ、これだけ性能が進化しても「雨漏りが発生した」という声は後を絶えません。
そして、雨漏りには大きくわけて3つの原因があります。
1.新築時の設計不良および施工不良
2.経年劣化によるメンテナンス不足
3.台風、ゲリラ豪雨、局地的豪雨、地震などの自然災害
では、これらの雨漏り原因を順番にひも解いていきましょう。

 
雨漏りの原因
 

新築時の設計不良および施工不良
まずは設計不良です。
デザインや機能優先で、雨漏りなどに対する考慮が不十分な構造で設計された建物は雨漏りのリスクが高いと言えます。もちろん、設計が建築基準法に適合しているかを国土交通省管理課の公共機関に承認を得た設計でないと住宅を建てることはできません。ただ、承認内容に防火性能や耐震性能などの基準は使用する材料の指定まであるのですが、防水性能については曖昧な基準しかありません。そのために使用する材料は防水を施工する会社におまかせという設計になり、雨漏りのリスクを引き上げています。
次に施工不良(施工不備)です。
さきほどの設計不良の話しの続きになるのですが、防水性能の基準が明確ではないことから、施工する会社が材料選択をするケースも多くあります。その際に選んだ材料がその設計された住宅にあっていない場合に雨漏りのリスクを引き上げています。また、その材料選びを客観的に管理する基準がないこともリスクの要因となっています。そして、いくら設計や材料が問題ない場合でも、施工の手順や収まり(施工方法)が悪いと雨漏りのリスクが高くなります。また、単純な取り付けミス(施工ミス)により雨漏りが発生します。このような場合は同様の作業が行られた箇所にもリスクがありますので、1軒のお住まいで、雨漏りが多発するリスクもあります。

 

経年劣化によるメンテナンス不足
住宅の材料(建材)にも寿命があり、築年数とともに少しずつ劣化していきます。建物には雨漏りを防ぐために、防水材という材料を要所に使用していますが、これらの耐用年数は10~20年程度(防水材料により異なります。)と言われています。定期的なメンテナンスがおこなわれていないと、雨漏りのリスクを引き上げてしまいます。特に壁やベランダなどにクラック(ひび割れ)が多くなってきた場合は注意が必要です。

 

台風、ゲリラ豪雨、局地的豪雨、地震などの自然災害
自然災害で発生した雨漏りの場合は、今までお話ししたすべての要因で起こりうるものとなります。経年劣化により弱っていた建物が、自然災害によって雨漏りが発生する。施工に不備があった状態で、自然災害に耐えられず雨漏り。新築時(設計時)に想定していたものを超える、台風、ゲリラ豪雨、局地的豪雨、地震などの自然災害で、耐えられずに雨漏り。当然、自然災害自体を防ぐことは不可能なのですが、自然災害によって誘発された雨漏りも、人為的な原因も含まれる場合があります。

 

これらが雨漏りの三大原因となります。
特に経年劣化(老朽化)の場合は、早めのメンテナンスで雨漏りの発生を未然に防ぐことができますので、是非ご自宅の状況をご確認ください。ただ、これを読んでいただいている時には手遅れで、すでに雨漏りが発生してしまっている場合は、早急に原因を追及して補修する必要がありますので、是非わたくしどもにご相談ください。


RECOMMEND

雨漏りに関する注目の情報